グルコサミン×コンドロイチンは本当に効くのか

グルコサミン×コンドロイチンは本当に効くのか

グルコサミンやコンドロイチンは本当に効くのか

軟骨成分として、グルコサミンやコンドロイチンが、評判に上がっています。
関節痛の悩みが軽減されたなどと絶賛する口コミは多いのですが、本当に効くのか、懐疑的な意見も少なくありません。

 

そもそも年齢とともに、なぜ関節部分がガタつくようになるかといえば、大きな原因は、関節部の軟骨の摩耗です。
軟骨の主要成分に、グルコサミンやコンドロイチンが挙げられて、減った分を食事やサプリで補給しようというのが、今日的な考え方です。
ただ、中には、それで本当に効くのかと、否定的な意見もままあります。

 

そのロジックの多くは、食品やサプリで摂っても、それは胃腸で分解されるんだから、摂った分がそのまま関節に行くわけではない、というものです。

 

医師や専門家の中にもこの立場を取る人も少なくないですから、普通の人は「どうなの?」と思ってしまうかもしれません。

 

ただ、その点については、サプリメントを開発するメーカーもそれなりに検証しています。
その結果のすべてを広告で表現できるわけではありませんが、その内部資料的なものを見たことがあります。
すると、「ああ、やっぱり違いはあるんだ」という資料でした。
小さなメーカーはわかりませんが、名の通った信頼おけるメーカーならば専門の研究所があったり、きちんとした治験を行ったりして、その違いがどうなるのかを調べているのです。

 

※このようなことについて調べているサイトもあります。こちらです→グルコサミンの効果・効能

食事で摂る?サプリメントで摂る

ところでグルコサミンやコンドロイチンを食事で補おうという方法ですが、グルコサミンならエビやカニの殻、コンドロイチンなら昆布やオクラなどのネバネバ・ヌルヌルの食感が特徴的な食品に多く含まれています。
しかし、食品には好き嫌いもあれば、関節痛の予防・改善のためには、気が遠くなるほど毎日モリモリと食べ続ける必要があります。
日常的な食生活を送っている凡人には、本当に効くのかと疑問を呈するのも当然と言えます。

 

確かに、サプリメントを利用すれば、グルコサミンもコンドロイチンも十分に摂ることができます。
ただ、仮に摂取量が十分であっても、即効性はないため、長期的に摂取をする必要があります。
そのため、性急な効果を求める向きは、2、3日、せいぜい1週間程度使っただけの段階で、本当に効くのかとモチベーションが急降下してしまうようです。

 

もちろん、本当に効くのかと懐疑的な声をよそに、グルコサミンやコンドロイチンの摂取で効果を実感するケースは多数に上ります。
こういった「栄養療法」は、朗報を気長に待つ人ができる実直な人向けなのでしょう。
先ほども記述しましたが、名の通った信頼のあるメーカーの多くは、きちんと研究・実験した上で製品化しています。

 

 

今、いちばん人気のグルコサミン&コンドロイチンサプリは?

数多くあるグルコサミンサプリメントの世界で5年連続売上No.1を獲得しているサプリがあります。
高評価は売上だけではありません。
約90%の人が「満足」と答えるリアルな「使用感」も特筆モノ。
メーカーはしっかりした研究所も備える安心と信頼のメガブランド
まずはそういったところから試すのがよいでしょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ