グルコサミンとコンドロイチンの違い

グルコサミンとコンドロイチンの違い

グルコサミンとコンドロイチン、似てるようでいてその違いとは?

膝や腰など関節の痛みや不安に悩む人に気になる成分として、グルコサミンやコンドロイチンに注目が集まっています。それぞれに違いはもちろんありますが、どちらも関節を構成する大切な成分であることは、大方で共通している認識です。

 

構造的に、グルコサミンとは、グルコースにアミノ基が結合したアミノ糖の一種で、ムコ多糖の構成成分です。
関節軟骨の構成分として、関節炎の予防や改善に対する働きが期待され、薬の成分として使われているケールもあり、サプリメントとしても人気が高い成分です。

 

対して、コンドロイチンは、ギリシャ語の「軟骨」が語源のムコ多糖類の一種で、やはり関節軟骨の構成成分です。
体内でタンパク質と結合し、軟骨、靭帯、皮膚、血管壁などに存在し、各組織に潤いを与える上で、重要な成分となっている点で、違いがあると言えます。

 

形の上では、両者ともに毛色に違いはあるものの、健康な軟骨を支える上で重要な成分である点では共通しています。
また、グルコサミンもコンドロイチンも、年齢とともに減少していく点でも共通点があります。
年を取ってくると、膝や腰が……となってくるのも自然のことわりです。

 

サプリを補助的手段として活用すると同時に、減少した成分を補おうと食生活を見直すことも有意義なことです。
両者の違いを挙げると、グルコサミンはカニやエビの殻に、コンドロイチンは昆布やヤマイモなどのネバネバ・ヌルヌルの食感が特徴の食品に多く含まれている点にあります。

 

なお、サプリとしてなら、グルコサミンとコンドロイチンは、同時に摂った方が、効果的とされます。
両者による相乗効果は、単独で摂るより良好な状況が期待できるということで、同時配合のサプリは、現状では主流となっています。

ホーム RSS購読 サイトマップ