グルコサミンとコンドロイチンの比較

グルコサミンとコンドロイチンの比較

軟骨成分として関心が高まっているグルコサミンとコンドロイチンを比較すると…

グルコサミンも、コンドロイチンも、軟骨成分として、膝や腰の健康のためにと関心が高まっています。
どちらが優れているか、比較すればキリがありませんが、どちらか一方が欠けて良いというものでもありません。

 

生化学的なことでいうと、グルコサミンはアミノ糖の一種、すなわち単糖類のグルコースにアミノ基が結合したものです。
また、コンドロイチンはムコ多糖の一種で、グルコサミンも構成要素となっています。
必然的に、分子量が比較的大きいということになり、それだけ体内へ吸収されにくくなることは素人でも理解できます。

 

 

食事で摂取しようとすれば、食品中には、グルコサミンはエビやカニの殻に、コンドロイチンは昆布やオクラなどに、比較的多く含まれています。
甲殻アレルギーなどがある人は、特に注意が必要となりますが、サプリの利用を検討する価値はあります。

 

グルコサミンもコンドロイチンも、サプリの主要成分として評判が高まっていますが、一般の食材にも存在する成分でもあり、健康な肌や軟骨を支える成分として、人間の体内にも存在します。
また、若い頃と比較して、年齢とともに減少していく点でも、両者は共通しています。
歳を重ねるごとに、体の節々にガタがつくようになるころには、かなり磨滅しているものと推察されます。

 

 

関節の痛みを和らげるには、原因となる軟骨そのものを補強すれば良いというのが、サプリメントの基本的な考えにあります。
その代表として、グルコサミンやコンドロイチンが挙げられています。
両者を比較して優劣を競わせるよりは、どちらも同時に摂った方が、関節痛の改善効果が上がることも明らかになっています。

ホーム RSS購読 サイトマップ