グルコサミン・コンドロイチン含有量比較の注意点

グルコサミン・コンドロイチン含有量比較の注意点

グルコサミン・コンドロイチン含有量比較の注意点

グルコサミンやコンドロイチンの摂取したい時、含有量の多いサプリを探したくなります。
大手メーカーだけでも何社からも出ていますが、含有量は公表されているので、その比較は簡単にできます。

 

グルコサミン一つとっても、1日当たりに摂取できる含有量を比較すると、1000r程度から1800r程度まで開きがあります。
ただ、グルコサミン量が多いことと、それと自分に合うかどうかは別問題なので、数値を比較する他に、いろいろお試ししてみるのがオススメです。

 

 

コンドロイチンの方は、1日当たりの含有量での比較では、10r程度から1500r程度までと幅があります。
ただし、こちらの方は表示方法に注意が必要。
たとえばコンドロイチン配合サメ軟骨粉末○○mgなどと表示されてはいても、それは「コンドロイチンが含まれているサメ軟骨」の含有量であって、コンドロイチンそのものではないわけです。
人によって意見は異なり、幅がありますが、こういった場合は大体10?20%、間を取って15%くらいが、リアルなコンドロイチンの含有量の目安と考えて良さそうです。
例えば200rと表示されていれば、かける0.15で30r入っているのだと推察できます。

 

 

サプリとして、含有量をどの位に設定すれば良いのかは、身長、体重、普段の食事内容などの多種多様な要素が絡み合い、単純な比較は非常に難しいのですが、1日当たりにして、グルコサミンは1500r、コンドロイチンは1200rが適当であると、大まかに挙げられます。
この数値よりも大きく外れていなければ、まあ妥当であると言えるでしょう。

 

なお、含有量が「基準値」を下回っていても、優れたサプリはあります。
グルコサミンやコンドロイチンに加え、メーカー独自の成分も配合し、高い効果が見込めると、リピーターの支持を集めているものも多数に上ります。

ホーム RSS購読 サイトマップ