グルコサミン・コンドロイチンサプリを比較

グルコサミン・コンドロイチンサプリを比較

グルコサミン・コンドロイチンサプリを比較するポイントは?

グルコサミンやコンドロイチンを、比較的多く含む食材を中心とした食事というのは、やろうと思えばできないことはありません。
ただ、それで栄養成分として摂ることはできますが、それだけでは心許ないというのが、大方の印象でしょう。
足りない分は、サプリを活用し、過不足なくいきたいところです。

 

グルコサミン・コンドロイチンサプリを比較する場合、いくつもの比較ポイントがあります。
主なところで次ぎのポイントでしょう。

 

●価格=これも「1ヶ月に当たり」「1粒あたり」「1瓶で」などの尺度があります。
●成分含有量=グルコサミン、コンドロイチンのなどの配合量、その比率など。
●他の付加成分=他に配合された成分。

 

この他にも

 

●売上や人気 ●顧客満足度 ●口コミや評判 ●キャンペーン内容 などなど、いくつもの比較ポイントがあります。

 

サプリに多用される成分として、最初に、化学構造を見ると、グルコサミンはアミノ糖の一種、コンドロイチンは単糖などが結合したムコ多糖類の一種です。
単糖類のグルコサミンも、コンドロイチンの構成要素となっているので、比較するまでもなく、後者の方が分子量が大きく、体内へ吸収されにくくなると言えます。

 

グルコサミンやコンドロイチンは、関節痛に悩む向きに、比較的関心が高いようですが、単一成分のみで構成されているサプリは、今や少数派です。
それぞれの成分を単独で摂るよりは、同時に摂取した方が関節痛の改善に、効果的であることが明らかになったことを受けてか、主要メーカー品は、2者の同時配合が基本となっています。

 

サプリを値段的に比較すると、激安品から高級品まで、かなりの開きが見受けられます。
もっとも、安ければ良いとはいえず、成分の含有量が比較的少なかったりなど品質の点で疑問点が付けられるケースもあるので、注意が必要です。

 

一方、値段は高いとは言っても、グルコサミンやコンドロイチンに加え、たとえばケルセチンなど、それぞれのメーカーが独自に配合する成分も加られることがあります。
当然、その効果への期待が高まるとくれば、多少価格的に高価だとしても選択肢から外すべきではないでしょう。

 

また、サプリは続けられるかが重要なポイントです。
同じような成分配合でも、飲みやすさやのど越しなどに微妙な差異が認められるので、最初は是非お試しで、比較するのがオススメです。

ホーム RSS購読 サイトマップ